歴史

“フランチェスコ・リオネッティ” は、1922年総合商社として設立。 世界の企業と取引していくうちに、トスカーナ州の産業である、革を使ったビジネスに特化していきます。

現在

布地や革、縫製機械などを販売していた100年の経験から、本革を使った5つ星ホテルのインテリア、美術館やレストラン向け製品や、店舗向けにバッグや財布など、デザインと製造を専門とする企業へと発展しました。その技術と教えは、息子へ、また3代目ジャンカルロへと引き継がれ、現在も幅広く活動しています。

  • Artigianalità

革産業の歴史

フィレンツェの主要な同業者組合(ギルド)の1つ、
アルテ・ディ・ペリッチャイ (毛皮業組合)は12世紀に設立されました。
弊社が拠点を置くフィレンツェの街が、長い歴史により皮革工業の町として知られている所以です。
我々職人が革製品を作成することは、まるで過去の時代を追体験しているかのようです。
弊社は、過去への敬いの念、美意識の創造、芸術への更なる誘起に向けて努めています。

職人の技
シーズンを重ねるごとに、職人により最高品質の製品を作り出し、優れたノウハウを蓄積してきました。
完全な自社製造を目指し、1997年にはタンナリー(皮なめし工場)も取得しました。これにより、最高級のクオリティの材料確保と、最終製品の高品質のコントロールの精度が上がりました。
弊社らしさ

弊社の商品は主にイタリアを始めヨーロッパの牛、山羊、子羊の皮を使用しています。
お客様のニーズに合わせて対応できるように幅広いカラーバリエーションをご用意しています。
弊社は、フィレンツェの伝統を尊重しつつ、時代に合わせ、常にその技術を更新しています。 

  • Portfolio
  • No products in the cart.